お客様の声

多摩大学 野田ゼミ(4月(新歓)・9月(夏合宿)・1月(新年会)・3月(春合宿)

"親身になった対応に感謝!!それが京王観光を選んだ理由です"

今回は多摩大学野田ゼミの幹事さんに、合宿成功のアドバイス&京王観光を利用した際の感想をお伺いしました。
野田ゼミは非常に大人数のゼミで夏合宿は全員で約100名を越えるゼミです。実施回数も4月・9月・1月・3月と合計で4回実施されています。

Q.合宿を企画、準備する際に困ったこと、大変だったことは?
A.合宿参加者の参加確認です。参加者が数十人、数百人の大規模な合宿になると、正確な参加人数を把握するのに困難を極めました。準備段階から当日に至るまで相次ぐ人数変更がある中で、京王観光の方の迅速な対応のおかげで、毎回円滑に合宿を進めることができました。

Q.京王観光の対応はどうでしたか?
A.常に一歩先を見据え、最高の対応をしていただきました。
合宿当日に起こりえる問題を事前に想定し、それら一つ一つをどのように対応すれば良いか?対策を練ってはご提案いただきました。また、事前の対策だけではなく、私たちが求める理想の環境を実現するためにより親身になって企画を練っていただきました。
さらに、当日の如何なる状況においても常に迅速な対応をしていただき、これら一つ一つの対応の積み重ねが合宿を満足いくものにすることができた最大の要因であることを実感しています。

Q.宿泊施設や方面を選択する際の決定要因は?
A.念入りな打ち合わせの積み重ねです。
私の所属していたゼミでは年に4回合宿がありました。毎回の合宿で参加人数や宿泊数の規模が異なるため、規模に合わせた宿泊施設の選択が必要となります。そのため宿泊施設の規模、交通アクセスなどが適正であるかどうかが重要なポイントの一つでした。それらの条件に見合った施設かどうかを京王観光の方と事前に打合せを積み重ね、疑問や不安を解消できたことが主な決定要因です。

Q.次期幹事に引き継いだこと、伝えたいことは?
A.何よりも伝えたいことは、質問をする大切さです。
私たち幹事の間でも当日を想定し、様々な計画を練って企画を進めます。しかし、経験の少ない私たちではわからないことや当日にならないと気づけないことも沢山あります。だからこそ、疑問に思ったことや感じたことを積極的に京王観光の方に質問をすることが重要になってきます。質問を何度もして疑問を解消していくことによって、より良い合宿を企画する切り口になっていくはずです。

Q.最後に何かあれば?
A.私は約2年間幹事を担当し、京王観光の方に直接お世話になって感じたのは、支えてもらっている安心感の強さです。大学のゼミの合宿幹事といえども、数十人、数百人分の時間を預かっている責任感の重さはとてつもなく重いものがあります。その責任感を一緒に支えてもらっている実感は非常に心強いものがあり、いつのまにか大きな安心感となっていました。 その安心感に支えられたからこそ、合宿の幹事という経験を通じて私自身も大きく成長するきっかけになったと思っています。成長するきっかけをいただいた京王観光の方には、今でも非常に感謝しております。